フランチャイズで仕事を始めようとすることについて

色々とメリットがあります

フランチャイズというのは、要するにノウハウを購入して代理店のような形で商売をすることです。すべての業務がマニュアル化されていますから、はっきりいってかなりお勧め出来る要素が高くあります。ですから、安心して始めることができるようになる可能性が高いです。もちろん、商才が必要になる部分もあります。ですが、いきなり何のスキルもノウハウもなく、仕事をしようとするよりは遥かにマシであるといえるでしょう。それが基本です。

ロイヤリティが必要になります

大抵の場合は、ロイヤリティが必要になりますから、基本的にはなんといってもそれが重要になります。例えばコンビニであっても仕入れルートやシステムなどを使うために契約金の上に売上の何%かを上納金として出す必要があります。これの割合が個人によって違うことが多いです。例えばコンビニなどは露骨なのですが、良い立地で出店できる場合などは良い宣伝にもなりますから、ロイヤリティが低いことが多いです。そこが実は大きく違います。

どんな商売にするのか

一言にフランチャイズといっても色々とあります。どんな商売にするのか、と言うことを決めることが死活問題であるといえます。ですから、基本的には自分のスキルに見合ったものにするとよいでしょう。もちろん、フランチャイズというのはノウハウがなくてもできるようになっています。それが最大の魅力ではありますが自分のスキルがあればそれも生かしきることができるようなフランチャイズ契約にしたほうがよいことは言うまでもないことです。

代理店とは特定の業者の代理人として代理契約を締結し、特定の業者の商品取扱やサービスを行います。損保などをイメージするとわかるでしょう。その収入は報酬として代理の手数料として支払われます。