営業職は誰でもいい!?そんな時代は終わっています

営業職は誰でも採用するわけではない

求人では多くの職種が募集されていますが、その中でも多いのが営業職です。営業職はいろいろある職種の中でも定着率が低く、売上を上げることができないと退職するという人が多い職種です。そのため応募があれば採用するという企業が多かったのです。しかしいつも求人広告を出していることにより人が定着しない、ノルマが厳しいのではないかといった企業イメージが悪くなる要因になったこともあり、その採用方法が見直されています。

面接と適性検査の併用

やる気のある応募者であれば誰でもいいという採用の方法ではなく、できるだけ定着が期待できて本当にやる気のある人を採用するスタイルになっています。そのため以前は面接だけで採用をおこなっていた企業も適性検査を実施するようになっています。最近の適性検査では、その人の性格や資質以外にも、その人の適した職種を知ることができるようになっています。面接の結果以外にも、その人の内面にある部分を適性検査で理解して総合的に判断して、すぐに退職することのない人材を確保するようになっています。

本質的な部分を知るためには適性検査は最適

営業職であれば人とのコミュニケーションをとるのが上手で、話好きで、しかも腰が軽く活動的である人の方が向いていると言えます。面接でいくら自分が社交的であることをアピールしたところで、適性検査の結果を見れば内気で営業に向いていないという結果になることもあります。面接ではいくらでも自分を言葉でつくろうことができますが、その人の本質的な部分、内面的な部分をより正確に知るためには適性検査を利用することが良いと言えます。

人材募集での適性検査をスムーズにクリアするためには、準備は大切です。その名の通り、適性を判断するためのテストですから、自分の長所をアピールできるよう準備しておくとよいでしょう。